Select language

Recommendation items
水甕絹羽織りローブ
豊かな表情は土器を転がして作られると言われるマトカシルク。南インドの野の繭を、ベンガルで手紡ぎ手織りした上質な絹布。これはアヒムサ(非暴力)シルクといい、繭の中の蛾が飛び立った後に糸を取り出したもの。贅沢に繭を太く紡いだ美しい絹布の羽織は、使うほどに風合いよくくったりと馴染む。風合いのある美しい色は後染によるもの。白土の貝。古と今が重なり朧げに現れる形から。
夢が現実の中に立ち現れ、次元を超越した印象の衣。
*インドの手織りの布の特徴として、糸のフシやネップ、織ムラ、糸の混入などがあります。おおらかなインドの布の風合となります。


シルク 100%


仕様:
両脇にスリットポケット


サイズ: S
着丈 119 / 身幅 58 / 裄丈 82

サイズ: M
着丈 114 / 身幅 65.5 / 裄丈 87

サイズ: L
着丈 116.5 / 身幅 66 / 裄丈 90
*cm

*こちらの商品は、カラーにより価格が異なります。ご希望のカラーを選択いただくと価格が表示されます。
*天然染料により染められたカラーは、染色の特性上、色むらがございます。
*天然染料により染められたカラーは、サイズ表記と実寸が若干異なります。
価格180,400 円
お問合せ番号15CW06077
  • “Shell”Shell
  • “S.indigo”S.indigo

  S M L
Shell
Sumi yambaru indigo
×…Sold Out

注文数: