Select language

Recommendation items
Usuhanasome Celestial haori robe
天界人のような美しく輝く衣
洗いざらしのような清々しい風合いと、
オーラのようにかろやかなシルクコットン。
美しく空間に響く衣、霊性の器。
光輝く日々のために。

うす藍染めは終わりかけの薄い藍甕で、何度も染め重ねる。藍甕に衣をつけ、水に晒し、天日干し、藍甕にまた衣をつけ、水晒し・・・うす藍染は通常の藍染めより、下晒しの処理、染める回数も多く、大変繊細な仕事。うす藍染めをされる三重県の紺屋 仁の仕事は、藍染めの染料であるすくも作りからはじまる。自然栽培で藍を育て、すくも作り、四季を通しての作業を終え、ようやく藍染めができる。紺屋 仁は藍染に正藍染めの技法を用いている。


コットン 70%, シルク 28%, ポリエステル 2%


サイズ: S
着丈 119 / 身幅 68 / 裄丈 82

サイズ: L
着丈 118 / 身幅 68 / 裄丈 89
*cm

*染色の特性上、色むらがございます。
*天然染料により染められたカラーは、サイズ表記と実寸が若干異なります。
価格81,400 円
お問合せ番号13CW06071-2

  S L
Light indigo
×…Sold Out

注文数: